新潟県 三条市 節分の日(2月3日)~本成寺鬼踊り~

どもっ!!RX-7(FD3S)に乗っている(乗せられている)貧乏パパです(* ̄∇ ̄)ノ

今回は新潟県の三条市で行われた節分の日のイベントについて紹介したいと思います(*’▽’)小さなお子様のいる方は、是非節分の日のドライブに行ってみて下さい(^^♪良い思い出が作れると思います(´▽`*)

本成寺鬼踊り(2月3日)

新潟県三条市では、毎年節分の日(2月3日)に「本成寺鬼踊り」と呼ばれるイベントが有ります( ・∇・)新潟県では結構有名なイベントで、TVニュースやラジオに毎年取り上げられています(^^♪もちろん観光客も大勢来ております(^ω^)

本成寺鬼踊りとは?

法華宗総本山本成寺の一大行事として行われる本成寺鬼踊りは、室町時代本成寺の僧兵と農民が力を合わせて盗賊を追い払ったという故事にならい、厄祓いの形で節分の豆まき行事として続けられています。 本成寺本堂の厳粛な空気の中に響きわたる鬼たちの叫び声と鋸・斧などの金物を持ち大暴れするその姿は迫力満点。 最後は鬼に豆を投げつけて退散させ、平和と安全を祈ります。鬼に抱かれた赤ちゃんは健康に育つという言い伝えがあり、毎年子ども連れでにぎわいます。

引用:本成寺鬼踊り(2月3日)

 

実際に行ってみた・・・感想(;´∀`)

本成寺前はお祭り状態です(*’▽’)出店が出ておりお祭り好きには良いと思います!!10数店舗ほど出てます(^^♪

出店の通路を進んで行くと、本成寺にたどり着くことが出来ます(´▽`*)

 

本殿の写真です。時間になると鬼が現れイベントが始まります(^^♪時間は三条市のホームページで調べて下さい。2019年は、2回構成で11時と14時の2回でした(*’▽’)本殿の中に入る場合は、早めに来て受付をしないといけないらしいです(←ココらへんはよくわかりませんでした)本殿には入れませんでした( ˘•ω•˘ )

が・・・

 

 

本殿に入れなくても十分満喫することができます(*’▽’)

こんな風に遠くから見ることが出来ます(´▽`*)

というのは冗談です(笑)

 

イベントの最後に中央の通路(ロープが張られている)を鬼が歩いて行くので・・・予め通路付近の陣取りしましょう(*’▽’)イベントの30分前には大勢の人が陣取ってます(;゚Д゚)

 

第一陣の鬼が通路を通ってきたら、豆まきの開始です(´▽`*)豆まきが終わったら、次に第二陣が来ます(^^♪この第二陣は、親にとっては良い鬼ですが、子供にとってはです!!

 

なぜなら・・・

 

子供と鬼の2ショットが取れるからですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

子供は超嫌がっているが、親は満面の笑みで子供を鬼に差し出す光景と子供の悲鳴があちらこちらで・・・

ですが、これにも意味が有り”鬼に抱かれた赤ちゃんは健康に育つという言い伝え”があるからです(^ω^)

決して意地悪では無いのです(´▽`*)

 

私の息子は例外的に泣きませんでした(;゚Д゚)

逆に「誰?」みたいなすっとぼけた表情でした(;´∀`)

0歳11ヶ月には、鬼という認識がまだ無いのかも知れません( ˘•ω•˘ )

 

 

 

 

 

 

他にも下のように鬼になって写真も取れます(*’▽’)

 

 

写真は赤鬼ですが、その他にもいろんな色の鬼がありました(^^♪

 

 

 

 

 

以上、節分の日の新潟イベントでした。子供のいる方は是非連れて行ってみて下さい(*^▽^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*’▽’)

にほんブログ村に参加しております。

よろしければ、↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です