フォグライト交換 fcl LEDライト 2色切り替えタイプ装着!!

貧乏パパ
どもっ!!RX-7(FD3S)に乗っている(乗せられている)貧乏パパです(*’▽’)今回は、普段乗っているアルトターボRSのフォグライトが切れてしまい(写真)、助手席側が暗い感じになってしまったので、その修理などなど紹介していこうと思います(; ・`д・´)
貧乏ママ
事故を起こさない為にも、早めに修理しないとね!
貧乏パパ
ちなみに、皆さんご存知だと思いますが、フォグライトは視界の悪い悪天候時のライトの補助として使用する為の物で、通常使用は対向車に迷惑になるのでやめましょ~う!

 

今回このブログでは、アルトターボRSを基にしたフォグライトの交換作業(手抜き作業)とfcl(メーカー)から販売されているLEDフォグライトの紹介をしていきますが、作業については自己責任でお願いします。

それでは、ご興味のある方は是非最後まで読んでみて下さい!

 

1.フォグライト交換作業(手抜作業)

今回ご紹介する方法は、書いてある通り手抜き作業です。フロントバンパーを取り外しての作業ではありません。タイヤハウスをめくっての作業になります。※何度も書きますが作業は自己責任でお願いいたします。

1)ハンドルを目一杯切って、タイヤハウスがめくれるようにします。

2)タイヤハウスを止めているクリップを一部取ります。(フォグライトがいじれる程度タイヤハウスがめくれるようにする)

3)タイヤハウスをめくって電球を交換

 

①タイヤハウスをめくってしまえば、もう電球はすぐそこです。電球は時計回し又は反時計回しで取り外すことが出来ます。取り外したら新品のフォグライトを取り付けるだけ!!

 

 

 

 

①タイヤハウスめくった状態

 

②長い配線は下に垂れないように、適当に結線して完成です。(ココらへんは雑ですね💦)

 

 

 

 

 

②配線結線

 

4)クリップの状態

 

後は元通りに復帰していくだけですが、どうせ戻すならクリップにも気を向けると良いかもです。

クリップは樹脂製なので、新品があればこの機会に交換するのも良いと思います。私はそのまま再使用してしまいましたが・・・(笑)

 

 

 

ここまでで、フォグライトの交換作業は終了です!!

ここからは、今回購入したfclのフォグライトの紹介になります。

 

2.fclフォグライトの紹介

今回購入した商品はコレ!!

このフォグライトは、ただのフォグライトじゃないんです!!

カラーチェンジバルブ2色切り替えタイプなんです!ホワイトとイエローを切り替えできる仕様なんです!!

「それの何が良いの?」って!?

路面状況により、見えやすさがかなり変わります。

通常の乾いたアスファルトでは、ホワイト発光で視界が良く見えますが、逆に雨等でアスファルトが濡れているとホワイトでは照り返しのせいか白線等が良く見えなくなります。そんな時はイエロー発光に切り替えちゃいます!ホワイト発光では見えにくかった白線がイエロー発光で見やすくなります。(私見になりますが、皆さんもそう思うはずです。・・・たぶん💦)

ということで、

   アスファルトの乾いた状態では、ホワイト発光

   アスファルトが濡れた状態では、イエロー発光

こんな使い訳が出来ちゃうんです。

貧乏パパ
この使い訳が出来る点が、凄く良いんです!!ホワイトバルブにするかイエローバルブにするか迷っている人は、これを買えば問題解決!!天候なんてなんのそのって感じです!!
貧乏ママ
便利な機能があるんだね(驚)
貧乏パパ
もちろん切り替えも車内から簡単に出来るよ!!それでは、切り替えについても、ご紹介していきます。

バルブ切り替え方法について

バルブの切り替えは、車内でフォグライトスイッチをON/OFF/ONを20秒以内で行うと色が切り替わります。20秒過ぎると初期の色にリセット(※)されます。
(※)初期発光色をホワイト又はイエローのどちらを購入するかにより、初期の色が変わります。

貧乏パパ
ここまで読んで頂きありがとうございました。また、今後もよろしくお願いします!!

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。
にほんブログ村に参加しております。
よろしければ↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です